ブロッコリーの葉を食すという贅沢

鍋で湯がかれたものは…

 

 

 

 

あの…

 

ブロッコリーの葉です!

再現なっただろう

 

 

葉が分厚いので、わかめ的な食感と言えなくもない。

こりこり感はないですが。

食べ応えは抜群です!

 

炒めものよりも、このように茹でる、煮るという料理に適します。

 

ですので鍋の具にする以外に、スープや味噌汁や煮物なんかが美味しいと思います。

 

 

ブロッコリーの葉はBrassica oleracea(キャベツ・ブロッコリー類)独特の表皮のワックスが特に厚い気がします。

そのせいか、

火の通りが若干遅いことに注意して下さい。

白菜よりもワンテンポ長めに茹でるのがよいかと思います。

(もちろん好みの問題もあるかと思いますが、一般論として。)

 

 

ブロッコリーの葉を食べるなんていうのは、

農薬を使用する慣行栽培のものではもちろん通常不可でしょうし、

無農薬でも葉を食われまくった場合は不可能ということになります。

 

なので、

 

無農薬でなおかつ虫たちの攻撃を退けた野菜でのみ可能な贅沢だと言えると思うのですよ!

 

 

だから、

 

是非とも味わってみてください!

 

 

青汁の原料であるケールの葉が本当にビタミンなどの栄養素に富むならば、

これと生物学的に同種でなおかつ形態的にも似てるのブロッコリーの葉も同様の栄養素に富む可能性が高いですし!