• TOP
  • まだ保水を注視する季節

まだ保水を注視する季節

発芽直後の大根の播種筋。

 

 

 

 

左側の播種筋は黒く湿っているし、

 

その左側の通路はぬかるんでいる。

 

 

この圃場はあの人参たちを植えた圃場と同じ圃場なのですが、

 

 

圃場内でのポジションと資材投入の履歴が異なるので、

 

 

排水性が圧倒的に違う。

 

 

だからこの大根畝は高畝です。

 

 

ただまあ、

 

このような比較的排水の悪いところは、

残暑の季節には保水力が高いことになるわけで、

(必ずそうなるわけではない。この圃場は鉱物粒子の再凝集が起こらないのでそうなる。)

 

 

だから今の時期に播種する場所としてえらんだわけです。

 

 

逆に言えば、

 

冬になればなるほど土壌に水が溜まりやすくなり、

排水性の高さが問われることになる。

 

 

だから冬までいすわる野菜たちは、

排水のいいところにまかないとね。


最新記事

コメント

コメントを投稿








ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園