• TOP
  • 寒さを耐え忍び、静かに春を待つ…

寒さを耐え忍び、静かに春を待つ…

いやあ、

 

冬ですね。

 

寒いですね!

 

 

そんな中でも、野菜たちはたくましく育つのです!

 

 

 

ソラマメ!

 

 

鮮度が命!

早く食べたい!!

 

 

 

みごとな一列縦隊!!

 

 

そして…

 

 

エンドウも!!

 

こいつはさやごと食べられるスナックエンドウで、上手く育てられれば春には泣くほど美味いマメが採れるハズ!

 

日本代表の遠藤バリの期待を一身に受け、厳しい冬を耐え忍びます。

 

 

ところでこやつら、冬の間はほとんど成長しません。

春になってからも播くことが可能だという。

 

じゃあなんで、秋~初冬に播くのがセオリーになってんの?

 

軽く疑問ですよねぇ~~

 

ズバリ答えは…

 

 

僕も知りません!!

 

 

だから推測します。

 

(次回へ続く)


最新記事

コメント

  • 齋藤 毅これ、セオリーじゃなくて、自然界での発芽タイミングでしょ?

    カラスノエンドウやベッチ(エンドウ系のマメ科緑肥)の自然発芽が10月後半あたりだったはずだし


    というわけで、推測を楽しみにしています。
    2010年01月02日 23:23
  • 西前そう言う意味では、この場合、この地域では、自然発芽に合わせた無理のない発芽がマメたちの生育にとっても最適でセオリーとして採用されているということなのだろう。2010年01月02日 23:30

コメントを投稿








ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園