• TOP
  • カテゴリー/アーカイブ

畑での交流

 
真面堂産の草がセレクトファームへ
2014年05月25日

今日は年に一回の真面堂川の川そうじの日。

川端の暮らし in 天理市柳本町

獣害は身近に


そうじで集められた草は、当ファームで土作りの材料として有効利用させて頂いてます。



軽トラに満載された草。


この草たちはカボチャたちの雑草防止&土作りのための有機物マルチとなってのでありました。

早めのカボチャ草対策を目指す


... 続きを読む

関西の農業学校の受講生の方々が来られました。
2013年11月17日

昨日、関西の農業学校の受講生の方々が、 当ファームに見学に来られました。

 

 

 

 

作業やその中での会話を通して何かを持ち帰って頂けたなら幸いです。

 

参加者の皆様、遠くからお越し頂きお疲れ様でした。

... 続きを読む

灘の学生の方を中心とした見学者の方々が来られました。
2013年11月09日

今日は畑に見学者の方々が来られました。

 

灘高校の学生の方たちを中心として、10名ほどの方々が来られました。

灘中学校・灘高等学校

 

 

 

話しの中で、今の栽培スタイルで新規就農するに至った経緯についても触れたのですが、

 

普段あまり意識しないことで、個人的には初心に帰ったような新鮮な感覚を逆に味わわせてもらいました。

 

参加された方々にとっても意味のある時間となったなら幸いです。

... 続きを読む

ハンサムガーデンさんのブログで紹介して頂きました。
2013年09月29日

先日、 ハンサムガーデンさんが台風の翌日に当ファームに来られました。

その時の様子をブログに投稿して下さいました。

2013.09.17 台風直後でも作業できる圃場 - ハンサムガーデン

 

 

 

当ファームの取り組みについてお褒めの言葉を頂き光栄に思います。

... 続きを読む

韓国農漁村公社の方々が来られました。
2013年09月29日

先日、韓国農漁村公社の方々が当ファームの視察に来られました。

 

 

 

参加された皆様、遠くからお疲れ様でした。

 

少しでも何かお役に立てたなら幸いです。

... 続きを読む

コトブキ園の角田さんが視察に来られました。
2013年08月17日

今日はコトブキ園角田さんが、当ファームの視察(?)に来られました。

 

 

 

 

畑に剪定枝資材を投入しました。

 

 

はるばる横浜からお疲れ様でした。

... 続きを読む

JTの助成事業、アグリチャレンジ研究会で剪定枝栽培の実際についてのお話をさせていただきました
2013年06月21日

一昨日、NPOジオライフ協会さんが主催する、JTのNPO助成事業のアグリチャレンジ研究会で、

剪定枝を用いた栽培の実践についてのお話をさせて頂きました。

 

 

 

 

齋藤が講師を務めた講演の、現場編といった位置づけのイベントです。

 

ご参加頂いた皆様、

雨の中お疲れ様でした。

... 続きを読む

東京から来られました
2013年05月02日

昨日、今日と、はるばる東京から見学者が来られました。

長野から来られました

 

 

 

 

新規就農を目指している方でしたが、

 

 

何か少しでも成功の手助けになるようなものが得られたなら幸いです。

... 続きを読む

長野から来られました
2013年01月25日

昨日、長野からはるばる見学者の方が来られました。

 

 

 

 

就農希望者、というか既に農業研修の経験を長く積んでおられる方でしたが、

溝掘りなどを通して地域による土の違いなどを感じて頂けたようです。

 

やはりこの土地の土はとても重く排水が特に悪いらしい。

 

農業研修について意見交換することもできました。

 

当ファームでも研修生を受け入れるかどうか検討中なので、

こちらとしても参考になる情報を頂くことができました。

 

遠くからはるばるお疲れ様でした。

... 続きを読む

2011年11月9日の奈良新聞に掲載されました。
2011年11月09日

昨日の課外授業の件ですが、

 

 

本日11/9の奈良新聞にて、

記事として掲載されました。

 

 

(写真をクリックすると拡大表示されます。)

 

 

当ファームの取り組みが、

奈良女子大学附属小学校の生徒さんたち及び、

奈良新聞の記者さんの関心を頂いたことを嬉しく思います。

 

 

当ファームの取り組みが、

奈良県を盛り上げていく一助となれるよう、

今後も頑張りたいと思います。

... 続きを読む

収穫の秋っぽい
2011年10月30日

約束を果たすときが来ました。

 

 

 

 

サツマイモ除草は再会の場のときのメンバー(一部交代)が、

 

 

今度は芋掘りを手伝いに来てくれました。

 

 

今年は植え付けがかなり遅れた影響もあって、

猛暑に向かう芋

 

豊作とは言い難いですが、

 

ぼちぼちできています。

 

 

 

収穫後しばらく置いた方が甘味が増すので、

 

この追熟の過程を経てからお届けの予定です。

... 続きを読む

オランダとブータンと、セレクトファームの人々
2011年09月17日

今日は畑に、

 

 

有機農業学修士の方が見学に来られました。

 

 

 

 

ニンジンの間引きをしたりかぼちゃ料理を食べたりしながら、

色々とお話しさせて頂きました。

 

 

実は数年前にもお会いした方で、

久しぶりの再会となったのですが、

 

 

オランダの大学院生としてブータンで研究を行い、

最近修了されたそうです。

 

 

他国の農業政策や生産者の経営スタイルについてお話しを聞いたり、

 

当ファームの栽培・販売のことについてお話しをさせてもらったり。

 

 

色々な方に、

当ファームに興味を持って頂くのは光栄なことです。

 

 

今後も頑張ります。

... 続きを読む

救出劇~たまには制圧する~
2011年04月17日

どうにもやる気にならない、

 

 

タマネギの草取り。

 

 

ですが、

 

 

またまたお助け頂き、

救出劇~助けを得る~

 

 

 

 

見事制圧しました!

 

 

しかし雨が少ないせいか、

暖かいわりに

最近生育が緩やかな気がします。

 

 

水やりなどあと少しだけ手をかけて、

6月から美味しいタマネギをお届けしたいと思います。

... 続きを読む

救出劇~助けを得る~
2011年04月03日

迫りくる雑草たちに脅かされていたタマネギたち。

タマネギに迫りくる危機

 

 

マルチがあるのをいいことに、

放置プレイに走るような流れでしたが、

 

 

やはり今回も救出劇を繰り広げなければなるまい!

救出劇~予定よりも早いタマネギ編~

 

 

しかし一人やと時間とられ過ぎて、

他の仕事へ支障が…

 

 

そんなとき、

 

協力な助っ人が!

 

 

 

 

友人たちが手伝いに来てくれました。

 

 

やっぱ草取りはみんなでやると早いなぁ。

 


それを通して様々な観察が出来、色々な情報が得られるとはいえ、

 

やはり草抜きは単純かつ、体への負担の大きい労働。

 

 

みんなでサクッと終わらせてしまえたら超ハッピーですよ!

 

 

手伝ってくれた皆さん、

 

ありがとうございました。

... 続きを読む

はるばる見学に
2010年11月21日

先日、はるばる神戸からお客さんが見学にいらっしゃいました。

 

 

 

 

ご自分でも栽培をなさっている方々でしたので、

 

 

栽培の話しで色々と盛り上がりました。

 

 

何か参考になれば幸いです。

 

 

ありがとうございました。

... 続きを読む

栽培技術について、確信を得る。
2010年11月10日

先日、畑に約10名ほどの方が見学に来られ、

畑を見ながら当ファームの栽培技術をご説明させて頂きました。

集大成と呼ぶにはちょっと早いけど

 

 

京都大学の先生方をはじめとして、

 

元改良普及員の方や農業に興味をお持ちの方々がお越しになりました。

 

 

 

 

色々なお話しをさせて頂きましたが、

やはり皆さんに最も衝撃を与え、

議論が一番アツく盛り上がったのは、

 

 

奇跡のキャベツ

再現なっただろう

再現なった!

 

 

これらの現象を可能にした栽培技術。

 

 

まあキャベツは昨年の話しなので、

今回はブロッコリーや菜っ葉の圃場を実際に見ながらという形でした。

 

 

自分自身、畑で行ってきたことやこの技術の理論について改めて整理する良い機会ともなりました。

 

お越しくださった皆様ありがとうございます。

 

 

また、ここに至るまで様々な技術を提供してくれた情報化農業研究所齋藤にも感謝の意を表したい。

集大成と呼ぶにはちょっと早いけど

 

彼には栽培技術はもちろんのこと、

経営に関わるシステム構築においても多大な協力をもらっています。

サイトの改良が進みました。

商品が頻繁に変わる職種だから

 

 

経営的に課題はまだいくつもありますが、

 

今回ご説明させて頂いた栽培技術を1年目、2年目と再現できたことにより、

少なくとも栽培においては、

2年目にして、多くの栽培者の方が抱える問題の大部分を一気に解決できるメドが立ちました。

 

 

一つの山を乗り越えたことにより、

また次の課題が明確になってきました。

... 続きを読む

お客さんが来てくれました。
2010年11月05日

お客さんが畑に見学に来てくれました。

 

 

 

 

この日は久々に天気もよくて畑日和だったと思います。

 

わざわざ大阪から来てくれてありがとうございます。

 

畑という現場でどういう価値をお伝えできるかまだ模索中ですが、

来てくれた方々には何か感じてもらえるよう頑張っていきたいと思います。

... 続きを読む

たまに賑わうセレクトファーム
2010年09月10日

畑に見学者の方々が来られました。

今回はご自分でも栽培をされてるグループの方々でした。

 

 

 

 

 

 

来てくれた皆様、

 

暑い中、お疲れ様でした。

... 続きを読む

写真撮影など
2010年09月02日

先日のNHK出版の取材に続き、

 

 

今日はお世話になっている薬膳レストランあわさいの方が写真撮影に来られました。

 

 

 

 

野菜か雑草か判別のつかない状態で申し訳ありません…

 

 

今回の写真はあわさいさんでの新たなプロジェクトで使用されます。

 

 

え!?

それ何って?

 

 

気になる方は薬膳レストランあわさいへ今すぐレッツゴー!

... 続きを読む

作業、時々アウトプットな日
2010年08月31日

一昨日、我らが情報化農業研究所とともにNHK出版の方から取材を受けました。

 

 

 

 

 

 

畑を見てもらいながら当農園の栽培について色々なお話しをさせてもらったわけですが、

 

 

話しのメインテーマは、

 

耕作放棄地を最短時間(1~2年)で高品質な野菜の採れる畑にするための技術

 

というものでした。

 

 

日々の栽培現場での仕事をしていると、

基本的に雑草や野菜(やイノシシ!?)、そして天候などの自然の変化に追われていて、

常に頭は、

「ヤバい!遅れてる!」

「ヤバい!間に合わへん!」

という状態で過去のことなど反すうしている余裕がないのですが、

 

 

今回のような機会によって、

過去(と言ってもまだ2年経ってませんが…)から現在に至るセレクトファームの畑の変遷を顧み、

なぜそれが可能だったか?

ということを自分自身もしっかりと整理して理解することができました。

 

取材して下さった方々にもきっちりそれが伝わっていればよいのですが。

 

 

思えば1年ちょっと前はこんな感じだったんですもんね。

水田土壌に打ち勝つべく…

 

確かにここから考えれば劇的な変化ですね。

ジャガイモ咲き乱れる

 

 

過去のことなど普段は意識しないけれど、

 

過去から現在への変遷をきっちり整理して、

・どういう作業を施してそうなったか

・どう考えてその手順を選んだのか

・今後の課題は何か

などを他者にしっかり説明しないといけない。

 

そんな立場になってきているのかなと感じました。

 

 

日々、自然どもの変化に対応し、自分の労働を最大化(しようと)するだけでも大変だが、

 

まあ目標に近づくためには頑張らねばな!

 

畑で今までやってきたことが価値ある情報だと思ってもらえるなら幸いです。

... 続きを読む

ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園