• TOP
  • カテゴリー/アーカイブ

秋レタス2011

 
生長しているレタス
2013年09月19日

あのレタスが少し大きくなってきました。

 

 

 

 

写真では分かりにくかもしれませんが、結球が始まりつつあります。

 

先日の台風の影響で泥はねを受けてはいますが、致命的な影響はなし。

 

 

日中はまだ残暑が厳しいので、そろそろ水やりせねば。

... 続きを読む

レタスが植わりました。
2013年09月08日

数日前に植えたレタスの苗。

 

 

 

 

まずまず生育中です。

 

 

あまり条件の良くない場所に植えざるを得なかったので、安心はできませんが。

 

秋冬野菜の植え付けも色々と本格化してきました。

 

また順次ご紹介してゆきます。

... 続きを読む

甘いのは根菜だけでなく
2012年01月21日

他の野菜たちと同様に、

こやつもご好評を頂いているにも関わらず、

 

ほとんど紹介してませんでした。

 

すみません!

 

 

それすなわち…

 

 

青ネギも白くする。より)

 

 

ネギ!

 

 

お客様の声でもご好評を頂いていたわけですが、

 

もちろんうちでも美味しく頂いています!

 

 

最近のうちのヘビーローテーションともいえるネギ料理は、

 

 

 

 

そう、

ネギ焼き!!

 

 

このネギ焼きのときはレタスも加えたわけですが、

 

 

超美味かった!!

(レタスもかなり合っていた)

 

 

素材の甘味が生きて、

ソースなしでも甘味がはっきりと分かります。

 

 

皆さんも是非!

... 続きを読む

レタスも例外ではない!
2012年01月12日

レタスの甘味というものは、

 

一般にはあまり馴染みがないのではと思います。

 

 

しかしこの時期、

セレクトファームでは人参や大根だけでなく、

 

レタスも甘くなります。

それは新鮮とは言わないのでは?-植物のミカタ-

 

 

ただしかし、

 

甘味あるとはいえど、

このくそ寒い時期、冷えたサラダをガンガン食べたいとは思いません…

 

 

こんなときこそ!

 

 

例のアレや!

 

 

と思い立ち、

実行に移したのです。

電子レンジで茹で野菜

 

 

 

 

レンジでの加温により、

かさの減ったレタス。

 

しかしながら、

そこはさすがに加熱調理も可能な半結球レタス

 

 

歯応えの方は失っておりません!

 

 

この方法ならば、

レタスを温かく、ガッツリと、食感を失わずに楽しめます!

 

 

まあ調理時間の短縮を旨とする僕には、

この時期ありがたい調理法です。

... 続きを読む

冷徹なる雪の華
2012年01月08日

今年最初の、

 

 

雪の華を、

 

 

独りで眺めました!

 

 

 

 

まあ雪の華っつうか、

単なる霜ですが、

 

 

でも綺麗な化粧してますよね。

 

 

まあしかし、

それはあくまで人間目線であって、

 

 

実際この植物たちにとっては、

 

 

ぐあぁっ!!

冷てえよ!!

痛えよ!!

 

必死で耐えろ、俺~!!

 

 

って感じでしょうけど。

 

 

しかし昨日の夜7時頃から既に野菜も凍ててましたからね。

 

 

葉野菜の傷みが進行してきそうで、

早生水菜やレタスなどはもうぼちぼち終わりが近づいているかもしれません。

... 続きを読む

レタスをめぐる攻防
2011年11月05日

レタスがえらいことなってます!

 

 

 

 

猛烈な勢いで雑草が迫りくる!

 

 

次の秋冬の作付けからは、

アブラナ以外の野菜は人参で成功した除草方法を適用するつもりですが、

 

 

しかし今の草どもはどうしよう!?

 

 

ええ。

 

 

分かっています。

 

 

最後の手段はそう、

 

 

いつもの、

 

 

手取り除草!!

... 続きを読む

数打ちゃ当たる?
2011年10月13日

ブロッコリーの下のリアルのおぞましい虫たちは、

 

 

 

 

こんな風に一度に大量に産卵するので、

 

 

あのように大量に蠢く状態となります。

 

 

しかしこの写真で産卵を受けているのは小さなレタスの苗。

 

 

レタスを選んだというのも彼らにとってベストの食草ではなさそうだし、

 

何よりそんな小さな苗にこんなに大量に産卵しても、

 

子の生存率はほぼゼロではないか?

 

となりの苗たちも全て同じくらい小さいし。

 

 

どうやらこの虫(ヨトウムシと総称される)の親は、

 

適当に食べても死ななそうな草に産卵しておいて、

あとは適当に分散してください、

 

ということらしい。

 

 

モンシロチョウが丁寧にoleracea(ブロッコリーやキャベツ)を食草として選んで、

一個ずつ産卵していくのとはえらい違いです。

 

 

食べられる食草の幅が広いからこそできる力技なのだろうか。

 

彼ら(ヨトウムシ)の、食草中の毒物質の解毒機構はどうなっているのだろう?

... 続きを読む

陽光のもとで強健に(枯れない程度に)
2011年09月16日

ミニレタスの定植を行ったわけですが。

 

 

 

 

これらは同じ日に播いた種から育った苗なのですが、

 

 

苗トレイを置いておいた環境が少しだけ異なります。

 

 

左は、正午頃から日陰の場所。

右は夕方まで日向の場所。

 

 

左は葉柄が右に比べて長く伸び、

軸(茎)が細く、(写真では分かりづらいと思いますが)

根張りが悪い。

 

 

つまりは半日日陰で育った左の苗は、

徒長気味というわけです。

 

 

まあ雨が降るまでの連日の猛暑により、

右の苗と同トレイの苗の中には暑さで少し葉が焼けてしまったものなどもありましたが、

 

 

今回の定植時には、

左の苗は明らかにトレイから取り出しにくかった。

 

 

軸を持ってプラグ苗として取り出そうと思うと、

すぐに根がちぎれそうになったり根鉢が崩れそうになったりします。

 

 

じゃあ軸を持たなければいいと思うかもしれませんが、

軸を持つのと持たないのでは作業効率が変わります。

軸を持てたら苗の取り出しがかなりラクなのです。

 

 

徒長していない強健な苗を作ることはその後の作業効率に影響を与えることの一例ですね。

 

もちろん、乾燥や温度変化への耐性にも影響するでしょう。

 

 

やはり徒長はさせないほうがいいでしょうね。

 

 

まあ、

今回の徒長は育苗場所の制限によるもので、

好きで徒長させたわけではないのですが。

... 続きを読む

ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園