• TOP
  • カテゴリー/アーカイブ

2010年9月

 
レタス定植
2010年09月30日

春菊に続いて…

 

 

 

 

レタスも出陣!

 

 

レタスも春菊と同様キク科の野菜。

 

レタスを食べるとよく眠れるなんて話もありますが、どうなんでしょうね。

 

レタスの茎を切ると白い乳液が染み出ます。

この中に含まれるラクチュコピクリンという物質には鎮静作用があるそうですが、

 

この乳液は本当に苦いので、栽培する側としてはいかにしてこの乳液をレタスに付着させないように出荷するかを考えます。

 

収穫後に付着した乳液をふき取ったり、乳液が多く蓄積される前に収穫を終えたり。

 

レタスは結球してから数週間も経つと葉を少しちぎるだけで乳液が出ます。

そうなる前に収穫は終えねばならず、だからレタスの収穫適期は短いのです。

 

栽培者としてはやっかいなやつです、レタス。

 

 

以上のように通常のレタスには乳液成分はほとんどない(ように頑張っている)ので、通常レタスを食べても沈静作用なんてほぼ期待できないと思います。

 

 

まあレタスは、

パリパリの食感とみずみずしさとほのかな甘みを楽しむものです!

 

出荷は11月になると思います。

 

きっと甘いレタスが出来ると思います。

... 続きを読む

春菊定植
2010年09月29日

 

 

やっと、

春菊が定植できました。

 

圃場の準備が遅れていたので育苗していたのです。

 

 

この肉厚の葉っぱ。

 

美味そうです♪

 

 

春菊って鍋の具のイメージが強くて冬野菜だと思われてることが多いと思うんですけど、

 

露地での旬は春、秋です。

 

まあ春菊に限ったことではないですが、

春はすぐに花が咲いてきたりして適期が短いので、

春・秋野菜を長く美味しく頂けるのは秋~初冬ということになるわけですね。

 

まさに収穫の秋!食欲の秋!

 

 

”春”菊って名前は開花期に因んでるでしょうね。

 

菊の花ってのは彼岸の献花に使う通り、通常秋に咲く花。

 

これに対して春菊は春に花を咲かせるから春菊と名付けられたのだろうと。

 

春菊の花も結構きれいです。

 

 

今回植えた春菊たちは10月半ばくらいからお届けできるかと思います。

 

乞うご期待。

... 続きを読む

今年もまた彼岸花の季節
2010年09月28日

もう彼岸花の季節か。

 

 

 

 

秋を感じますよねぇ。

... 続きを読む

キャべ・ブロ初期生育不良のまとめ
2010年09月27日

種を播かねば、定植せねばと常にプレッシャーにのしかかられながらも、

 

結局今日も播けなかった西前です。

 

 

ま、

先日の猛暑から学ぶこともあるの話しですけども、

 

 

こう考えた根拠を書かぬままになっていた気がします。

 

 

根拠としては、

干ばつからの生存者にも書いた通り水やりを放棄して全滅したと思っていたキャベツ・ブロッコリーに結構な数の生存者がいたこと。

 

早過ぎた

の写真にブロッコリーでさえも、

 

 

 

 

こんな感じに復活していました。

 

もちろん、欠乏症状のより緩い他の株に比べればこの株は小さいですが、

 

それでも劇的な復活ぶりです。

 

9月半ばあたりから雨が降り始めて暑さがおさまってきたら復活してきたわけです。

 

 

一方、有機物をあまり施用していなかった他の圃場でも、早過ぎたほどではないけども同様の生育不良が見られたのです。

 

 

この生育不良も雨と気温低下とともに改善された。

 

 

以上から、

猛暑から学ぶこともあるで書いてあるように、

 

キャベブロの初期生育不良の主な原因は暑さ(と水不足)にあると思ったのです。

 

 

実はブロッコ畝のカオスにも一言だけ書かれてあるとおり、

 

去年のキャベ・ブロ栽培でも初期生育の不良があったのです。

 

 

去年はこの主原因は肥料焼けだと判断したわけです。

 

実際、肥料焼けについてに書かれてある去年の白菜の初期生育の差違は暑さじゃ説明がつきませんから、肥料焼けも原因としてあったでしょう。

 

ただ、去年も暑さが初期生育に悪影響を与えた可能性は十分考えられる。

 

 

今年は観測史上最高の猛暑ということですから、

暑さの影響がよりはっきりと表れたというわけですね。

 

 

だから、猛暑から学ぶこともあると書いたわけです。

 

いい機会になりました。

 

 

こうなると当然、

 

次年度の秋野菜の育苗・定植などの時期・方法に大きな改良が迫られるわけです!

 

ええもちろん、

 

既に対策は考えてます。

 

 

来年こそは…

 

 

絶対にスベらない!

... 続きを読む

悲劇のサツマイモ?
2010年09月26日

あのサツマイモはその後もどんどん成長し、

暴君.サツマイモ

 

 

ついに…

 

 

 

 

ついに畝の隣の畦を越え、

 

水路まで到達してしまった!

 

 

近づいてみると、

 

 

 

 

先端の芽が水面の上を滑るように伸長している!

 

 

そうか、

 

おまえらも、

 

この夏の猛暑で水を求めたのか…

 

 

しかし、

 

 

やっと水場に辿り着いた頃には時すでに遅し。

 

 

季節は既に秋!

 

 

水が冷てーよ!!

 

 

それを求めて頑張ってきたのに、

 

辿り着いた頃には逆にそれが牙をむいてくるなんて!

 

人間の世界でもよくある悲劇!


まさに悲劇!

 

 

なんていう勝手な妄想を脹らまさせてくれるサツマイモよ、

 

おまえのガッツに感謝したい。

... 続きを読む

ニンジン間引き菜のお浸し
2010年09月25日

昨日のニンジン間引き菜ですが。

 

 

 

 

シンプルにお浸しにしました。

 

茹で時間が長いとすぐに筋がたつので、

さっと湯にくぐらせるくらいの方が良いです。

 

ポン酢との相性が良く、

お互いに香りを引き立て合うような感じ。

 

 

しかしニンジン葉といえばやはりかき揚げ。

 

かき揚げ食べたいけど、

 

めんどいなぁ…

... 続きを読む

ニンジン間引き菜登場!
2010年09月24日

最初の方のニンジンがわさわさと茂って来ました。

 

 

 

 

てなわけで、

 

後回しにしていた間引きを決行しました!

 

 

 

 

こんなんが採れました♪

 

 

もちろん間引きしたものは間引き菜として今日、明日の野菜セットに加えます!

 

 

これまた

 

季節限定レアな味覚をお楽しみください!

... 続きを読む

秋を感じる
2010年09月23日

 

 

すげえ菌糸!

 

 

菌糸の勢いの盛り上がりに、

 

 

秋を感じる今日この頃。

... 続きを読む

干ばつからの生存者
2010年09月22日

発展途上のフロンティアで勢力を拡大するツワモノたち

↑この続き。

 

 

実はこの圃場の欠乏症キャベツ・ブロッコリーたちは、

猛暑続きの毎日の水やりの負担に耐えかねた農園主によって見捨てられました。

 

 

ところがどっこい!

 

 

 

 

なんと草むらの中から生存者が発見されたのです!

 

 

キャベツはぽつぽつ、ブロッコリーは大部分が生き延びていました!

 

 

9月半ばからようやく暑さが落ち着いてきて雨も降るようになり、

そのタイミングで息を吹き返したようです。

 

 

猛暑から学ぶこともあるで書いたように、

高温と保水の悪さこそが欠乏症の大きな原因だったのだろうと、

 

この復活劇からも分かるわけです。

 

もちろん、原因はそれだけではないのですが。

... 続きを読む

発展途上のフロンティアで勢力を拡大するツワモノたち
2010年09月21日

猛暑から学ぶこともあるの話しですが、

 

 

実は昨日の写真がその圃場の写真です。

青々と茂るのは…

 

 

このように、

 

まとまった雨さえあればイネ科雑草が一気に繁茂する状態なわけです。

 

キャベツやブロッコリーの生育は少なくとも8月にはかなり悪かったのに。

早過ぎた

 

 

イネ科なら水分不足で可給態カルシウムが少なくても繁茂できる。

また、イネ科はCaに限らずMgやKなどのミネラル量減少にも強いものが多い。

 

 

なのでこの圃場でイネ科が繁茂するのは当然。

 

このことはCa欠乏が立ちはだかる。でも書きました。

 

 

そして、

 

 

 

 

この写真のように双子葉のカボチャもまた、

 

この同じ圃場で青々とかなり生育のよい状態にある!

 

 

カボチャの低塩基耐性に関するデータを見たことはないが、

カボチャの吸肥力の高さは有名だし実際肥料の少ない状況にも強いので

 

このカボチャの繁茂状況もまた納得なわけです。

 

 

まあこれらの話しは雑草に関するものであり、

(このカボチャはこぼれ種由来の雑草)

 

重要なのは作物の状況なわけですが、

 

 

まあこんな感じで、

座学で知った知識や一般定説などが実際のフィールドでの現象ときっちり符合するのを再確認するのも悪くはないでしょう。

 

こういう過程を経て初めて座学知識が自分のものになる、っつう気がしません?

... 続きを読む

青々と茂るのは…
2010年09月20日

 

 

雑草ばかりです…

 

 

次作からの中心的な課題は雑草をどうやって効率的に抑えるかということ。

... 続きを読む

播種直後の降雨による害
2010年09月19日

ようやく涼しくなってきて、

 

 

大根も芽生える季節です。

 

 

 

 

一見、順調そうに見えますが、

 

 

 

 

畝からこぼれおちて通路で発芽するものも…

 

 

こりゃ、

先日の予報外れの大雨で種が流れていったに違いない。

 

 

さらに、

 

 

 

 

同時に播いたホウレンソウがこんな風に茎がくびれて倒れている。

 

 

何の病気か詳細は分からないが、

 

NIA齋藤の考察によると、

降雨時にモミガラによって発芽直後の稚苗が傷付き、

そこから侵入した細菌またはウイルスがカスパリー線でそれ以上の侵攻をシャットダウンされたのだろうと。

 

詳細は彼が書くとして、

 

 

今回のような被害は大雨によるある意味自然災害だから”仕方ない”ものなのだろうか?

 

 

答えは否ですよ。

 

 

なぜなら、このような被害は結局畑の排水性に原因があるから。

 

 

排水性がまだ不十分であるために、

一定量を越える降雨によって、水が地下への浸透をオーバーし、地表を流れることによって起こると思われるので。

 

 

だから、再現なるか

の圃場のように劇的に排水性が改善された圃場ならばこのような被害は防げるのではないかと思うのです。

 

 

補足.

種で雨が流れることはともかく、

今回の法蓮草のような現象は、雨水が地表を流れずとも単純に雨に打たれたモミガラが瞬発的にホウレンソウを傷つけた可能性も考えられます。なので、その部分では排水性をよくしたとしても起こりうるかもしれません。

... 続きを読む

辛い万願寺唐辛子の辛味を除く方法
2010年09月18日

万願寺唐辛子について少しお伝えせねばなりません。

 

 

 

 

もともと万願寺唐辛子は甘唐辛子の類なのですが、

 

まれに辛いものがあります。

 

どうも時期的には晩夏くらいから辛いものが出始めるような気がするんですが。

 

渇水のせいなのか、

はたまた植物が温度などの季節変化を感知してなのか、

よく分りませんが。

 

 

まあなんしか、

辛いものが今年も現れ出したので、

辛味を取り除く方法をお伝えします。

 

 

 

これは万願寺を縦に二等分した切り口ですが、

 

この白い筋状の部分は種が付着する胎座と呼ばれる部位で、

 

この胎座こそが辛味成分の真犯人なわけです!


 

なので、

辛味を除去するために、お料理前に以下の下ごしらえをして下さい。

 

①写真のように唐辛子を割り、種と胎座を除去する。

②とり残しがないように流水できれいに洗う。

 

これで辛味はほとんどなくなるハズです。

 

お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

... 続きを読む

菌根?
2010年09月17日

ピーマンを引っこ抜くと…

 

 

 

 

木質資材を入れているので、

俗に言う白色腐朽菌ていう類の菌どもがいたんですけど、

 

 

これは俗に言う菌根?

 

 

共生関係結んでるんでしょうかね?

... 続きを読む

猛暑から学ぶこともある
2010年09月16日

早過ぎたで書いたキャベツ・ブロッコリー生育不良の原因について。

 

 

 

 

まあこんな風に黄化してたわけですけども。

 

 

これは先述したような施用有機物の分解不足も原因だと思いますが、

 

 

どうも夏の暑さも大きな原因だったようです。

 

 

生育適温から大きく外れていれば当然その種の本来の生理反応がうまく進まない。

 

そこに加えて、

 

有機物の分解不足からくる、

・保水の悪さ

・微生物による分解熱及び水の消費

・土中の体積当たりの可給態養分の低下

などが追い打ちをかけたのではと。

 

 

時間や場所を変えて見比べてみるとそう思えたわけです。

比較対象の写真は撮り忘れたので、明日きっちり撮りたいな、と。

... 続きを読む

救出劇~忘れられしもの~
2010年09月15日

救出劇は続きます。

救出劇~モテイチゴ編~

 

 

草を刈り刈りやって数日後。

 

 

畑を耕すべく草どもの屍を運びだしてると…

 

なんとそこには、

 

 

 

 

規則的に並ぶ緑の物体どもが!

 

 

これは…

 

 

 

 

ニラ!

 

 

草に埋もれて救出も間に合わず、

 

 

面倒に思った農園主によって雑草もろとも刈り倒されたニラ!

 

 

刈られた後に再生してきたのだろうか。

 

 

全く期待してなかったのだが、

 

このまま土にすき込むのも忍びない。

 

 

来年はこのニラをきちんと育てられるよう、

余裕をもった栽培ができるようになることを誓い、

 

 

救出する!

... 続きを読む

救出劇~モテイチゴ編~
2010年09月14日

草むらに埋もれるものは…

 

 

 

 

 

 

イチゴ!

 

 

これはかの有名なモテイチゴの子孫です。

 

 

こいつらをしっかりと救出して、

 

 

モテまくるしかない!

... 続きを読む

季節はめぐる
2010年09月13日

ネギの苗のそばには…

 

 

 

 

カブトムシの亡骸が…

 

 

なんでこんなとこにって?

 

 

そりゃあ…

 

 

木屑よりの使者

 

 

季節はめぐる。

... 続きを読む

暴君.サツマイモ
2010年09月12日

昨日も書いたサツマイモですけど…

サツマイモ恐ろしや

 

 

 

 

隣の畝に植えたネギ苗の成長が予想よりも遅く、

 

 

サツマイモどもがネギ畝を侵し始めた!

 

 

こりゃあヤバいということで、

 

対処療法的ではありますが、

 

イモどもを無理やり押し戻してやりました。

 

 

でも数日後には元に戻ってました…

 

 

サツマイモどもの勢い良すぎ!

 

 

ネギをさっさと定植せねばですね。

... 続きを読む

サツマイモ恐ろしや
2010年09月11日

あの圃場はどうなっているのかと申しますと…

サツマイモ、今のところ順調

 

 

 

 

見事にサツマイモたちがわずかの隙間もなく圃場を占拠しています!

 

 

今年は除草もうまくいき、日照もバッチリ!

 

 

おまけにこの雨の少なさで圃場も乾いているから…

 

 

こりゃあ今年のサツマイモは質・量ともにハンパねーことになりそうです。

 

 

イモ掘り労働が恐ろしいぜ!

... 続きを読む

ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園