• TOP
  • カテゴリー/アーカイブ

2011年3月

 
奴らはいつも狙ってる
2011年03月31日

しばらくトンネルを被せていたエリアで奇妙な現象を見た。

 

 

 

 

緑のは大根の葉ですが、

トンネルは続くよどこまでも

 

 

その下にある黄土色のもじゃもじゃ。

 

 

これ、

雑草です。

 

 

ええ。

雑草が枯れたものです。

 

 

特別枯れるようなことは何もしてないのに、

枯れている。

 

しかも、

程度の差はあれ、

トンネルをしていた場所全体に及んでいる。

 

 

どうやらビニール被覆に原因がありそうだ。

 

 

最もはっきりと枯死が見てとれた写真の箇所は、

ビニールが地面と接していた場所。

 

 

ああそうか。

なるほど。

 

 

ビニールと地面が接する場所は断熱する空気層が最も少ない。

だから日中は地温が最も上昇しやすく、

夜間は最も低下しやすい。

降霜の影響もダイレクトに受ける。

 

 

つまりは、

日中ビニールによって暖められて発芽はしたはいいものの、

夜間の低温に耐え切れず枯死してしまったのだろう。

 

 

ビニール被せて保温するといっても、

日中こそ外気温の倍以上の温度になりますが、

夜温は外気とほぼ同じにまで下がりますから。

 

 

となるとこの枯死したやつらは、

降霜などに耐性のない夏草ということになるのか。

 

 

つまりは、

夏草どもは適温さえ確保できれば、

もう一斉に総攻撃を仕掛けてくる気満々らしい。

 

 

やはり、

今年の夏も草との闘いですな。

草との闘いが今年も始まる。

... 続きを読む

菜の花フィーバー
2011年03月30日

菜の花の収穫・出荷が始まっていることはすでにお伝えしました。

菜の花本番の季節

白菜と言っても、葉っぱを食べるとは限りません。

 

 

そして最近、

にょきにょきと伸びまくり始めた菜の花たち。

 

 

 

 

端境期の現在、

野菜の品目がかなり少なくなっております。

 

 

そんな中で唯一生産量に余裕があるのがこの菜の花。

 

 

軸が太くて食べ応えがあり、

甘味もしっかりしています。

 

お客様からのお褒めの言葉も頂き、恐縮です。

 

 

今後暖かくなるに従って、

この菜の花たちの伸びるスピードはどんどん速くなっていきます。

 

なので、

菜の花を多めに!

というリクエストは大歓迎です。

 

まあ既に多めに入れさせて頂いていますが。

 

 

軸の太さに関しては、

後から出てくる花茎ほど細くなっていきますので、

徐々に細くなって一般的なサイズに近づいていくと思います。

 

 

春の旬の味覚を是非とも堪能して下さい。

... 続きを読む

夏のヒーローなるか
2011年03月29日

夏の主役たちは、まだ幼稚園くらいです。

に続きまして、夏の主役たちの近況報告です。

 

 

トマトは、

 

 

 

 

まだ本葉が出たばかりです。

 

 

トマトは夏野菜の花形であるナス科の中でもヒーロー的存在。

 

 

理想的な栽培環境でしっかり育った旬の完熟トマトの味ったらもう、

 

 

マジでハンパない!

 

 

あの美味さは格別です。

8月はトマテストマンス

 

 

しかし、

日本においてトマトの高品質・多収を実現するのはそう簡単ではありません。

 

設備が整っていれば別ですが、

僕のような金なしにはやはり難しい。

 

 

去年は労働力管理や栽培圃場の準備などに問題があって、

ホンマに美味いトマトが出せたのは8月くらいのものでした。

それも大した量じゃない。

 

 

去年の失敗原因を踏まえた上で、

今年はまた新たな対策を打ち出しています。

 

 

不安要素がないわけではありませんが、

一つのエリア制圧

 

 

めちゃんこ美味いトマトをいっぱいお届けできるよう、

頑張ります。

... 続きを読む

タマネギに迫りくる危機
2011年03月28日

あのタマネギたちの近況はと申しますと…

 

 

 

 

えらいこっちゃ!!

 

 

もうとんでもなく草ぼうぼうでんがな!!

 

 

マルチを使用してますが、

タマネギを植え付けた穴から雑草も伸びてきて、

マルチを覆わんとする勢いです。

 

 

高さのある雑草ではないので、

今のところタマネギの光合成を阻害することはありませんが、

残しておくと、

 

・玉の肥大を阻害するかも

・玉ねぎをそのまま引っこ抜くときに邪魔になる


などのマイナス点が考えられる。

 

 

種まき、植え付け、耕耘、水やりなど、

追い立てられている状況の中で草取りに時間とられたくないが…

 

まあほっといても収穫は可能だと思うので、

現在最優先事項である種まき・植え付け関連の仕事が一息つけばやろうかな、と。

... 続きを読む

季節に抗う労働
2011年03月27日

今年はやっぱ寒いですね。

 

 

気象庁のデータを見ても、やはり去年より明らかに寒い。

 

 

だからトンネルのビニールはなかなか剥がせない。

 

 

 

 

トンネル内で仲良く(?)暮らす人参とミニレタス。

三寸法師

春野菜の植え付け開始

 

 

カブなどは、

現在出荷中の間引き菜の収穫しやすさや、

寒さ刺激による食味向上(おそらく)などの理由で既にビニールを剥がしてますが、

 

 

レタスやニンジンには早く出荷までこぎつけてもらわんと困るので、

ビニール内でヌクヌクと育ってもらってます。

 

 

といっても、最近の寒の戻りはハンパなく、

ビニール内でも決してヌクヌクはできず、

春一番級の強い寒風によってビニールが剥がれるという事態もありました。

 

 

しかしようやく、この今の寒気が寒さの底になりそうな予感。

来週からやっと温度上昇基調へと転換しそう(と思いたい)。

 

 

まあそうなったらなったで、

またビニール内の温度上昇が激しくなるのでまた開閉の手間が増えますが…

雪ニモマケズ

 

特にレタスは高温の積算によって花芽分化するから余計に心配になる。

 

 

やっぱ野菜の安定供給においては春作が最も難しく、高コストです。

... 続きを読む

モミガラ布団act2
2011年03月26日

今日は寒い。

 

 

メチャメチャ寒かったです。

 

 

おまけに風も強くて寒さが倍増。

 

 

こう寒さが続いては、

春野菜たちの生育もあまり進まなさそう…

 

 

 

 

この法蓮草など、

芽生え立ての苗にモミガラを被せて乾燥防止&保温する。

モミガリーベッド

暖かふかふかのモミガラ布団

 

 

土壌環境がよければモミガラの必要性も小さいですが、

そうでない場合はこういった処理の有効性が大きくなる。

 

 

ま、

早く温かくなってほしい…

... 続きを読む

資材分解においても雑草が情報を発する。
2011年03月25日

昨年末から堆積中の剪定枝。

一つのエリア制圧

 

 

 

 

スギナが顔を出す。

スギナは地下茎で増える植物で、

これは上から種が落ちたのではなく、

地下からスギナが伸び上がってきたのです。

元々の地面から20-30㎝は伸びている。

 

 

あるいは、

 

 

 

 

このように、資材表面に着地した雑草が根付く。

 

 

そう。

 

搬入した当初は激しく発熱していた剪定枝だが、

資材分解バトル開始

 

 

当然時間が経てば放出される熱量も減ってきて、

いずれは発熱しなくなる。

 

 

発熱が収まった後、

こうして雑草どもが顔を見せ始めるのです。

 

これは資材分解が一つ進んだ証ですが、

この程度ではまだまだ。

 

もっと分解が進んでもらわないと。

... 続きを読む

草との闘いが今年も始まる。
2011年03月24日

のらぼう畝の隣に群生する、

 

 

ハコベやナズナの軍団。

 

 

 

 

さすがは冬の雑草、

 

この寒いのに、猛烈な勢いで周囲の野菜たちを覆っていく。

 

土壌環境がよい証拠なので、

ハコベを増やそう

それはそれで悪い気はしないが、

 

でも野菜たちに害をなすほどに成長してもらっては困る。

カエル、ネギをねぎらう。

 

 

ってなわけで、

 

 

今年の初草刈り。

 

成敗してやりました。

 

 

もう言うてるまに、

草どもとの闘いの季節。

... 続きを読む

菜っ葉出陣
2011年03月23日

春野菜の植え付け開始に続き、

 

 

小松菜どもも行け!

 

 

 

 

出陣です。

... 続きを読む

三寸法師
2011年03月22日

1月からトンネル育ちの二つの種族。

雪ニモマケズ

 

 

一方のカブに比べて生育は遅いですが、

 

それは人参だから仕方のないこと。

人参の初期生育は緩慢です。

ニンジンを守る日々

 

 

しかしまあぼちぼちと生育中。

 

 

 

 

まだまだちっちゃな三寸法師くん。

 

 

春作の人参ということ、

三寸ニンジンであるということ、

 

ともに未経験です。

 

なのでどんな味わいのものができるか未知数ですが、

 

4月下旬にはお届けできるかと。

 

ご期待下さい。

... 続きを読む

菜の花本番の季節
2011年03月21日

菜の花の収穫が始まりましたが、

 

もちろん白菜だけではありません。

記事雨前にやりたいこと~施肥~

 

ってか白菜をそもそも菜の花を目的として植えたわけではないし…

 

でもまあ白菜をわざと遅らせて植え、菜の花を狙うのもアリかもしれませんね。

かなり美味いですし。

 


 

まあとにかく、

本来菜の花を目的として植えたのは、

こやつです。

 

 

 

 

これは、のらぼう菜といいます。

 

 

自家不和合性がなく、固定種の自家採取が容易らしい。

系統的にはセイヨウアブラナ(Brassica napus)で、

セイヨウアブラナの項によると、

B. rapaB. oleraceaのゲノムを2セットずつ持つ複二倍体”

ということらしい。

(アブラナ科野菜の分類についてはこちらのコメント参照)

 

なるほど。

これが本当なら、

のらぼうの図体がでかく、表皮の質感や固さなどがrapaとoleraceaの中間な感じなのも納得がいく!

 

 

まあ何にせよ、

 

 

菜の花本番の季節がやってきました!

ということです。

... 続きを読む

雨前にやりたいこと~施肥~
2011年03月20日

今日から明日にかけてまとまった雨が降るという。

 

 

ってことで、

 

 

肥料まきまきなトゥデイ。

 

 

といっても、

例のカブたちの育つ場所などはすでに無肥料で問題ない状態です。

 

なので、まだ革命を起こしていない土、

あるいはその程度の不十分な土、

に植わる野菜たちに絞っての追肥ということになります。

 

 

今回の追肥ポイントの一つはこちら。

 

 

 

 

最近収穫の始まった、白菜の菜の花。

白菜と言っても、葉っぱを食べるとは限りません。

 

で、使用する肥料は、このときの発酵肥料。

 

 

写真をご覧の通り、

この白菜は本来光合成をメインで担うべき下葉に少し黄化が目立つし、

さらに上位葉は中途半端に巻いていて光合成へのヤル気があまり感じられない。

 

つまりは、

図体がでかくてその維持にコストがかかりそうな割に、

葉における炭酸同化にはあまり期待できなさそう。

 

こんなときこそ、

この発酵肥料の力が本領を発揮する!

 

のではないかと期待しています。

... 続きを読む

季節はめぐる
2011年03月19日

まだまだ三寒四温な状況が続きますが。

端境期からの救いを求めて

 

 

被覆資材のビニールを剥がすと、

 

 

 

 

早くもカエルが!

 

 

変わることなく、

季節はめぐる。

... 続きを読む

多様な変化こそが能力を開花させる
2011年03月18日

今年に入ってから種まきをした野菜が、

 

 

今日、初出荷を迎えました!

 

 

しかし、

 

 

写真撮るの、

 

忘れました…

 

 

まあこいつのことなんですが。

 

 

出荷とは言っても、本収穫ではなく、

まだ間引き収穫です。

 

しかしまだまだ厳しい寒さが続いているので、

野菜の少ないこの時期に少しでも早く成長させるため、

最近もこのカブたちにはビニールを被せていたんですが、

 

そのせいか、

今日ビニールを剥がしてしばらくすると…

 

 

 

 

ええ。

 

 

しなびんの早っ!!

 

 

ビニールを剥がされ、

ちょっと寒風にさらされた瞬間、これですわ。

 

 

やっぱ温床育ちはあきませんね。

 

被覆資材を被せていると暖かくて育ちは早いけど、

実際のところ味の乗りも悪いのは否めない。

 

寒さが甘味を増すというのは何度もお伝えしておりますし、

変わり続ける環境に順応する能力者たち

このことは一般にもよく知られていますよね。

 

しかし一方で甘さほど意識されていないのは、

寒さに当たることで香りも増す(と思う)

 ということです。

 

以前にも書きましたが、

ホンマに美味い菜っ葉というのは桜餅に似た香りが強い。

あやめ雪?さくら餅?

 

僕の経験として、

この香りは寒さにしっかり当たっている菜っ葉の方が強いのです。

もしかするとこの香り成分は植物体内でのストレス応答に関与しているのかもしれない。

 

まあ寒さと香りの直接の因果関係は断言はできませんが、

少なくとも僕にとっては経験的事実。

 

となるとですね、

 

厄介なことにですね、

 

菜っ葉や根菜などの冬野菜を春に作った場合、

 

そのクオリティはどうあがいても冬に作ったものには勝てない

 

という事実が付きつけられるのです。

 

このことは僕以外の多くの生産者の方も話しています。

 

これは野菜栽培においては抗えない大きな問題です。

 

 

~続く

 

かも~

... 続きを読む

夏の主役たちは、まだ幼稚園くらいです。
2011年03月17日

夏野菜の花形といえば、

 

 

やっぱナス科!

 

 

トマトにナス、ピーマン、ジャガイモと、

ナス科が揃えば炒め物や煮物やら、イタリア料理っぽいものやら、

 

色んな料理が作れる!(気がします。)

 

 

とはいえ、この時期はまだやっと苗が芽生え始めた段階。

 

 

 

 

まずは芽生えないことには始まらないのときの芽生え前の状態から進み、

 

きっちりと苗らしい姿になりました。

 

ちなみに左がピーマンで右がナス。

 

右のナスの方が軸の紫が際立っていますよね。

 


 

しかしまだまだ冬の寒さは続いています。

苗たちの成長もまだ緩やかなものです。

 

 

そうそう。

今年も苗がいくらか余りそうなので、

少し販売する予定です。

 

ピーマン、トマト、ナス、オクラなどなど。

4月末日までご注文受け付けております。

 

苗の品目や品種及び可能数量など、詳しい情報をお求めの方はお問い合わせ下さい。

... 続きを読む

結果のために動くわけで
2011年03月16日

 

セレクトファームでは、

 

毎週水曜日の仕事終了後は買い出し日になってます。

 

曜日間の仕事の兼ね合いで最も買い出しに都合の良い曜日というのもあるし、

夕方以降、魚などの割引率が高い(気がする)曜日というのもあります。

名前に騙されてはいけない。

 

また、ヌカハウスにヌカがある確率も高い曜日(な気がしてます)。

ヌカハウスに賭けてみる

 


 

ま、てなわけで今日も仕事終了後買い出しへ。

 

で、たぶんあるかなと思ってたところ、

 

ありました。

 

 

 

 

少しですが募金しました。

 

しかしあれですね。

 

こういう募金というのは一般的に言って、

自分たちの募金が最終的にどういう結果につながったのかほとんど分からないですよね。

 

イオンのHPを見たところ、

やはりHPにも募金情報が載せられていました。

イオンお客さまサイト

 

せっかくHPがあるんやから、

せめて募金先の自治体の名前だけでも知りたい。

HPに募金先名称をアップすることくらい大きな手間とはならないはず。

 

そういったお金の流れの具体的な因果連関が分かったほうが、

募金者も安心して募金でき、より多く集まる気がします。

 

資金の提供先が分かれば、

その地域や組織への関心も強くなって、

何らか新しい可能性につながると思います。

 

 

ま、そういうことを思いましたとさ。

... 続きを読む

マメの住処を設置する。
2011年03月15日

昨日お伝えしたジャガイモに引き続き、

 

 

これまた遅ればせながら、

 

 

やっと設置しました!

 

 

 

 

エンドウの支柱とネット!

 

 

モミガラ投入についてなんやかんやと書きましたが、

久しぶりのモミガリー畝エンドウ

 

またいずれ収穫が始まれば続きを書きたいと思います。

 

 

まあ株ごとの生育の差が大きいですが、

ぼちぼち良い感じの株も。

 

 

 

 

お届けは4月中頃からかな、と思います。

 

 

生でもめっちゃ甘くてみずみずしいスナップエンドウ。

 

 

ご期待下さい!

... 続きを読む

ジャガイモ出陣
2011年03月14日

見事な真っ直ぐさだとは思いませんか?

 

 

 

 

畑に切られた数本の溝たち。

 

見事に芸術的なストレートですね!

 

これは、

そう。

 

 

もちろん、

ジャガイモを植えるための溝です。

 

 

 

 

今年も例のごとく、

予定よりも遅れはしましたが、

優先パラメーターを見極めねば

 

なんとか雨が降る前に溝を切り、植え付けることができました。

 

 

去年よりも深く植え溝を切ったので、

それが生育にどう影響するか不安な部分もありますが、

 

栽培環境は向上しているので、

 

去年よりも品質・収量は上がると思います。

 

 

6月からの出荷、

ご期待下さい。

... 続きを読む

このカブのように
2011年03月13日

地震の被害がとてつもないものとなっているようですね。

被災者の方々の救助が一刻も早く進むことをお祈り致します。

 

 

僕も阪神大震災のときは大阪の実家で暮らしており、

被災というほどの被害はなかったのですが、

そのときのことは今でも鮮明に覚えています。

 

確か揺れたのは未明の出来事だったと思いますが、

棚の上にあった陶器のような固いものが、寝ていた僕の顔の真横に落下してきました。

 

そんなに重かったり鋭利なものではなかったと思いますが、

それでも頭に直撃して打ち所が悪かったらどうなってたか分からない。

 

それ以来寝床の周囲には、

軽い衣服などを除き、落下する危険のあるものは絶対に置かないようになりました。

 

 

特に被害のなかった僕のような者でさえ、

このときインプットされた上記のことが引っ越しや模様替えをする度に思い出され、

頭の中から消えることはありません。

 

 

ましてや、

もっとはっきりとした人的・物的な被害を受けた方なら、

精神的なものを含めて、受けたダメージというのは計り知れないものだと思います。

 

 

こんなときこそ僕ら一般の人たちにとって大事なのは、

通常の経済活動をしっかりと進めること、

だと思います。

(もちろん、節電などのように、個別的事例においてその限りではないこともありますが。)

 

 

社会的な分業の中で、

自分の担当する専門的な役割というのはまさに自分の日々の仕事なわけで、

 

そういう意味で、

日々の仕事こそが自分の社会に対する最大の貢献だと思います。

 

 

だからセレクトファームでも通常通り、

野菜の生産や出荷、ブログでの情報発信を続けます。

 

 

 

 

このカブのように、

被災地の力強い復興を願います。

... 続きを読む

春野菜の植え付け開始
2011年03月12日

今日は春野菜の植え付けが始まりました。

 

 

 

 

これはあの水菜。

端境期からの救いを求めて

 

 

カブ第二弾と同じトンネル内に植えたので、

スピーディに生育してくれるだろうと、

 

期待してます。

 

4月上旬にお届けできればかなり優秀。

たぶん4月中旬になるかと。

 

 

そしてこれ。

 

 

 

 

丸っこい葉っぱがかわいいミニレタス!

 

 

レタスは菜っ葉よりも生育に時間を要するので、

5月に入ってからの出荷になりそうです。

 

 

ご期待下さい。

... 続きを読む

ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園