• TOP
  • カテゴリー/アーカイブ

2012年12月

 
ゴボウなしのきんぴら
2012年12月29日

 

 

きんぴらですが、

 

オーソドックスな人参とゴボウではなく、

 

 

人参とカブの皮を使っています。

 

牛蒡ほどではないですが適度な歯ごたえもあり、

そして甘くて美味しい。

... 続きを読む

白ネギ収穫
2012年12月29日

あの白ネギたちを収穫するときが来ました。

 

 

 

 

九条ネギよりは太いんですけど、

市販の長ネギに比べると短い。

 

 

まあ通常の白ネギ栽培と比べると簡略化した方法をとったので短いのは当然かもしれません。

 

ただまあ作れることは作れるんですね。

 

しかし長くしようと思うとやはり土寄せなどをある程度の回数と量しないといけないので、

手間のかかる野菜ですね…

... 続きを読む

春野菜の準備が始まりました
2012年12月27日

あのオクラは既に11月頃に茎を切断しており、

残渣が後作の準備のために邪魔なのでその処理をしようかと考えていたのですが、

 

切断からここまで一か月程度野ざらしにしていただけではまだ水分も多く、

とりあえず別の場所に運搬しておくことにしました。

 

 

そして畑を耕耘。

 

 

 

 

冬場に耕耘しておくことは土に凍てを入れて害虫の数を減らす効果があると思っています。

 

 

春の根菜の準備も始まりました。

... 続きを読む

秋じゃがの収穫
2012年12月27日

秋じゃがの収穫が完了しました。

 

 

 

 

秋ジャガイモにチャレンジします。で懸念した通り、

栽培の途中から茎葉の腐れが現れ、

そのせいか収量は少なかったです。

 

ただまあ来期の種芋は確保できました。

 

 

この二期作用品種のデジマはしかしストロンが長く、

収穫のしづらさがネックということも身をもって体験しました。

 

 

最も一般的なジャガイモ品種である男爵芋が収穫のしやすさという点でも優れているということも再認識できました。

... 続きを読む

甘~い冬の法蓮草
2012年12月26日

法蓮草が、

 

 

 

 

激甘です。

 

 

冬の寒さが深まってくるにつれ、

法蓮草の甘味も素晴らしくなってきました。

 

 

あまり数は多くないですが、

この味は是非とも全てのお客様のお届けしたいです。

... 続きを読む

里芋が出ました
2012年12月24日

例のサトイモの収穫・出荷を開始しました。

里芋もモミガる

 

 

 

 

ほとんど放置だった割にはぼちぼちできています。

 

やはりこの地域の土壌環境は里芋に適していると思います。

粘土土壌の贈り物

 

 

次年度のサトイモ栽培の準備もすでに始まっています。

 

土づくりのための資材運搬はすでにある程度完了しているので、

 

・防草・除草と土寄せとを両立するための方策

・追肥と灌水

 

などが課題となるでしょう。

 

 

まずは今年のサトイモのお味をお楽しみください。

... 続きを読む

里芋もモミガる
2012年12月23日

すっかり葉の枯れたサトイモに、

 

 

 

 

モミガラをかけてゆく。

 

 

里芋の保存のための方法の一つです。

サトイモも寒さに弱い芋なのです。

 

 

というかこれはある意味苦肉の策で、

 

去年の芋穴もそれほどたくさん入れられる大きさではないし、

コンテナで保存するのも場所や保温設備がないので無理。

 

 

というわけで、

 

畑でモミガラ保温して保存する、

 

という苦肉の選択を採用したわけです。

 

まあ芋掘りの時間も節約したいという事情もあります。

 

できればモミガラ保温に加えて溝掘りによる排水の確保もしたいですが、

 

とりあえずはまずは全ての芋をモミガラ被覆するということを急ぎたいと思います。

... 続きを読む

ぬかるみでのお約束
2012年12月21日

昨日の記事に書いたハウス予定地での困難について。

 

 

まあ排水不良地だと書きましたが、

 

 

そのような場所では既にお約束となっております。

 

 

 

 

ぬかるみにハマるの巻き!

 

 

まあ自慢じゃないですがもう慣れっこなので、

特に慌てることもありません。

 

淡々と一つ一つの状況把握をし、

対策を順序良く打っていくのみです。

 

 

四駆ギア(前輪ギア)が入っていることを確認し、

デフロックも入れる。

そして可能な限り、車体の腹部がつっかえてるであろう場所の土を除去する。

 

そして一回動かしてみる。

 

 

すると特に前進しそうにないどころか、余計に後輪がハマり、前輪が浮いた。

 

 

どうやら二つの後輪の間が地面についてしまって、

全てのタイヤが空回りしているようだ。

 

 

こうなったらタイヤにはしごをかませるしかない。

 

 

タイヤの下を掘って鉄のはしごをかませ、そのはしごの先端に人に体重をかけてもらう。

 

 

 

 

無事に脱出成功。

 

 

協力者のおかげもあって早期に脱出できました。

 

 

しかしこんなぬかるみ地、

ハウスで雨水を防いだとしても、

栽培できるのだろうか?

... 続きを読む

ハウス建設準備開始
2012年12月20日

次なるハウスの建設準備に入りました。

 

 

 

 

しかし予定より遅れており、予断を許さない状況ではあります。

 

 

早くハウス建設作業を進めたい…

 

 

しかし思えばハウスの解体や建設はもう毎年行っている気がします。

おうちができたど~

ハウス解体・組立の練習がしたかったんです。ええ。

 

 

今回、この圃場の中の排水不良部分にもハウスを延長する予定なので、

特に今までのハウスよりも困難が予想されます。

 

っていうかすでに困難がありましたし。

 

ハウス建設の様子はまた追って記載します。

... 続きを読む

白長ネギの近況
2012年12月19日

あの長ネギは今。

関西で白ネギを作ってみよう

 

 

 

 

大きくなってきました。

 

 

九条太ネギと比べて緑が濃くて大きく、

葉の折れがほとんどないのが特徴ですね。

 

ここ関西でもしっかり育ってます。

 

 

しかし一見順調そうに見えますが、

 

土寄せが足りてません…

 

 

もっと土に埋めて地上に出る部分を短くすべきだと思うのですが。

 

この場にある土を寄せるのはすでに難しい状態にあるので、

 

他の場所から土やあるいはモミガラやワラなどを持ってきて寄せるということをせねばなりません。

... 続きを読む

巻かない白菜
2012年12月17日

定植の遅れによるものかどうか分かりませんが、

 

今年も白菜が不調です。

 

代わりに大き目に育てたしろなを出荷中ですが。

 

 

 

 

この白菜は結球が始まっていてまずまずの生育なのですが、

 

 

 

 

こちらのようにロゼット型で平べったく広がっている白菜がほとんど。

 

 

ぬぅ…

 

 

外葉の色的には少なくとも三要素の不足にはみえませんが、

 

生育の初期にもっと肥効を上げて迅速に生育させねばならなかったのかもしれません。

 

来年はそういった点にも気を付けてしっかりと白菜をたくさん作りたいです。

 

 

今年も菜の花としてお届けすることになるかもしれません。

... 続きを読む

冬の寒さに耐えるミニごぼう
2012年12月16日

ゴボウの近況。

 

 

 

 

草に埋もれかけていたので救出したの図です。

 

 

このごぼうは春に出荷予定なのでまだまだ栽培期間が長いのですが、

 

昨日の記事で書いたことと同じ理由で、

草を綺麗に抜き取るべきか、あえて草を残すべきか迷うところです。

 

 

牛蒡の葉も寒さに弱いだろうと思いますし。

 

まだ小さいのである程度寒さに耐えてくれるだろうか?

... 続きを読む

予想外に早い凍傷を受けて
2012年12月15日

先日の寒波はとても寒くて耳に霜焼けができてしまいましたが、

 

野菜たちも寒波の影響を受けました。

 

 

 

 

これはカブの葉の先端。

 

凍傷で葉先が壊死してしまいました。

 

同様の症状が多発しているため、

傷んだ葉の掃除に時間をとられてしまいます。

 

カブの葉はアブラナ科の中でも比較的寒さに弱いのですが、

それでも12月の時点でこれほど凍傷を受けるのは今までにないことです。

 

 

こう寒くなっては収穫の仕方にも気を付けねばなりません。

 

 

 

 

通常は、真冬の寒さが本格化する前の初冬の時期ではこのように間引く感じで収穫していきます。

その方が残した株の日当たりや風通しを確保できますから。

 

 

しかし真冬の寒さが予想外に早く来た場合、

 

 

 

 

このように葉の重なり合った密集地の中には手を付けず、

密集地の塊を徐々に小さくするように端から順に収穫していくべきでしょう。

 

もちろん本収穫以前に間引きを適度にすることによってある程度の株間を確保しておくのは当然ですが。

... 続きを読む

白いインゲン豆
2012年12月14日

インゲン豆の一種の自家採取種を頂きました。

 

まあ今年の夏にインゲンマメとして出荷していた品種ですが。

 

 

 

 

綺麗な白い豆です。

 

 

もちろん隠元として若獲りすれば鞘ごと美味しく食べられる品種ですが、

 

熟した豆を煮豆にしても美味しく食べられるそうです。

 

 

インゲン豆(三度豆)としては晩生の品種なので、

来年の夏あたりに植えて、

秋あたりにこやつらの子孫をお届けできるよう頑張ります。

... 続きを読む

九条太ネギの近況
2012年12月13日

ネギ焼きの季節到来とお伝えしながらも、

 

肝心のネギの状態はお伝えしてませんでした。

 

京野菜の九条太ネギですが、

ここ奈良県天理市で栽培しております。

 

 

現在好評出荷中の九条太ネギの様子はこちら。

 

 

 

 

しっかりと育ってわさわさと茂っています。

 

 

 

 

引っこ抜くと根張りもものすごい!

 

 

ネギは栽培期間が長くて初期の除草に少し手間がかかりますが、

 

除草と定植までの土作り(≒資材投入)がクリアできれば良品を安定して生産しやすい。

少なくとも当ファームの栽培法だとそうです。

... 続きを読む

ラーメンブロッコリー
2012年12月12日

 

 

ラーメンにブロッコリー!!

 

 

これが意外に美味しい組み合わせ!!

 

 

ブロッコリーの花房がラーメンの汁を適度に吸い、

味がしみ込んでラーメン風味のブロッコリーが短時間でできてしまう!!

 

 

塩茹でしてマヨネーズをかけるという一般的なブロッコリーの食べ方に飽きた方には、

 

 

迷わずラーメンブロッコリーをオススメ致します。

... 続きを読む

川端の暮らし in 天理市柳本町
2012年12月12日

今年の春に引っ越して以来、

 

セレクトファームの事務所の前には小さな川があります。

川辺のサトイモ?

 

 

 

 

まあ川といっても、

パッと見、単なる護岸された用水路ですが。

 

 

しかしこれでも一級河川らしいです。

 

重要文化財である長岳寺真面堂のそばを流れているから、

その名も真面堂川

 

 

まあそういった歴史的な経緯などはあまり詳しくないのでそれはさておき、

 

こんな一見ショボイ用水路でも、

結構僕らにとってありがたい存在だったりします。

 

 

それというのも、

 

 

 

 

農作業後の農具洗いに一役買ってくれるから!

 

 

用水路とはいえ、

そこそこ綺麗な水がある程度の量流れているので、

 

水道を使用することなく農具の水洗いを完了させることができます!

 

まあ川底の砂が邪魔といえば邪魔ですが、

砂は砂でそれ自体利用価値がないわけでもないですし。

 

 

地元の方のお話しによると、

一昔前までは川沿いの各家庭に川へ降り立つ階段が備え付けられていて、

食器などを川の水で洗っていたらしいです。

 

そういった階段は護岸工事の過程とともに消えたのでしょうが、

まあそれくらい綺麗な水で人々の生活に密接に関わっていた川ということです。

 

 

セレクトファームはそういった川の歴史と伝統を再び蘇らせたというわけですね。

 

 

これぞまさしく温故知新!?

... 続きを読む

お次は鶏糞葺きの冬眠ハウス
2012年12月10日

近くの養鶏農家の方が雨ざらしにしていた鶏糞を頂いていたわけですが、

糞にて健やかに育つ

 

 

数日前にようやく全ての鶏糞の運び出しが完了しました。

 

 

 

 

フォークやスコップで軽トラに積んで運ぶという地道な手作業だったわけですが、

 

 

この鶏糞の中にもいました。

瓦葺の冬眠マンション

 

 

 

 

起こしてしまってスンマセン。

 

まあフォークで刺さなかっただけよかったですが…

 

 

まあカエルやらトカゲやら、またまたようさんいました。

 

 

土に比べて軽くて掘りやすく、

空隙を含んでいて土より保温性が高い。

そしておそらく有機物の分解に関わる様々な反応による発熱もあるのだろう。

 

 

コンクリートの上に薄い層として存在していて冷たそうな割に、

 

この鶏糞中で冬眠していた小動物は多かった。

... 続きを読む

例年よりかなり早い積雪
2012年12月10日

昨日は広い範囲で雪が降ったようですが、

 

当ファームのある奈良県天理市・桜井市でも積雪がありました。

 

 

 

 

この土地で12月の上旬に雪が積もるのは珍しいですね。

 

 

低温刺激で野菜の味が濃くなるのはいいですが、

 

低温による葉野菜の傷みが目立ち始める時期が早くなるのは困りもの。

 

 

平年通りの気候が良いですが、

まあ気候変動に左右されにくい栽培環境を整えるために頑張るのみです。

... 続きを読む

ニンニク畝で芽生えた種モミ
2012年12月08日

ニンニクの畝にて。

 

 

 

 

不自然に黄色い雑草があった。

 

しかも結構な数見られた。

 

 

なんやろ?と思ったが、

 

よくよく考えると、

 

この畝はモミガラでマルチしたんだった。

 

 

となると、

 

もみ殻に含まれていた籾が発芽したんだろうか。

 

 

籾すりの過程で休眠が破られてしまったのだろうけども、

 

おそらく寒さを喰らって瀕死状態ですね。

 

 

得意な季節から外れて生まれてしまうと厳しいなぁ。

... 続きを読む

ブログ内検索

    

リンク

セレクトファームのお試し野菜セット 健太郎漢方針灸 カスタマイズプリントTシャツ OREC OREC 山口乳販法隆寺店


やまどうぐレンタル屋

 

株式会社コトブキ園