糖尿病と糖質制限

糖尿病の治療としての糖質オフの効果について。

これも前回と同様、日本糖質制限医療推進協会のページを読んでもらった方が分かりやすいですね。

糖質制限食について1

 

食後高血糖を招く栄養素は糖質だけ。

この一つの生理学的な事実に尽きる感じがします。

糖質を減らせば血糖値は下がる。

とても単純明快ではないでしょうか。

 

しかしこんなに単純な理屈ならば、ではなぜ現在でも多くの人が糖尿病を発症して合併症で苦しんでいるのか?

この答えも上記のリンク先に書かれてありますね。

以下、上記リンク先より引用。

現在主流となっている食事療法とは、

1. 糖質を大量摂取させて食後高血糖を起こさせ、

2. 医薬品で血糖値を下げる

という、まさに、自分でマッチで火をつけてはポンプで水を汲んで消す、「マッチポンプ」そのものなのです。

 

そして一般医療機関の食事指導だけでなく、一般家庭の食習慣においても糖質を食べるのが当たり前となっていますから、人はなかなかその「当たり前」から抜け出すのが難しい。何かのきっかけがなければ難しいのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です