東吉野の川

津風呂湖魚つかみ取りの後はどこかの川で川遊びでもと思っていたのですが、

大会スタッフのおっちゃんに近くに良い川がないか尋ねたところ、東吉野がいいとのこと。

東吉野村の川を目指しました。

 

暑いので川の水に浸かりたい。

しかし子たちは全員まだ未就学児で一番下はまだよちよち歩きくらいなので、

場所の選定はちょっと気を遣います。

水に浸かれるくらいの水深の場所もあり、足がつかるくらいの浅瀬もあり、そして流れのゆるやかな所もあり、なおかつサワガニがいそうな小川も近くにあるところがベスト。

 

などと思って川をみていると、速攻で条件にあいそうなところがあった。

どうも高見川という川になるらしい。

 

 

魚がとりたいという娘に、水底でタモを構えてその真上に魚が来るまで待つ待ち伏せ漁法を教えると、

何匹か自力でとってました。

すごいぞお姉ちゃん!

 

途中から支流の小川に移ってサワガニを探すもここは不発。

しかし本流と支流の水温差は半端なかった。支流冷たっ!

 

小川から上がって車に向かおうというとき、娘は自力で川から這い上がると言う。

壁はコンクリの中から岩がぴょこぴょこ顔を出す感じになっており、ロッククライミングの壁のようだ。

落下に備えて下から見ていると、見事一人で登ってみせた。

すごいぞお姉ちゃん!!

 

魚つかみ取りも含め、娘の成長を感じることができた一日でした。

“東吉野の川” への 2 件のフィードバック

  1. 三平 より:

    店長さんへ
    昔、上さんと東吉野村の高見山へ登りに行きました。標高1250mくらいですが高見山山頂からの眺めは周りが見渡せて最高です。が登った時は曇りで見渡せませんでした。その下に流れている川が高見川です。水の綺麗なアマゴが生息しています。

  2. 店長 より:

    高見川は鮎やアマゴがいるそうですね。
    今回も鮎釣り師らしき方々がいました。
    渓流釣り大好きなのですが、子たちがある程度大きくなるまではできなさそうです。

コメントは受け付けていません。